ブログ

カテゴリー:

ストレートネック(スマホ首)に悩まれているあなたへ

姿勢改善

肩こりや首こりがあり病院などでストレートネックと診断され、湿布や服薬をもらい改善方法がわからないあなたへ

ストレートネック(スマホ首)のメカニズム!

ストレートネックによって、姿勢が悪いや猫背や肩こりや首こり、または頭痛に悩まれている方はたくさんおられます。一度、『1回1分のストレッチ』方法を試して見てください。

まずはストレートネックを改善する方法とその原因をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

ストレートネックとはどんな状態かといいますと、頭が前に出てしまって首の骨が真っ直ぐになっている状態を言います。

何故その状態が起きるのかと言いますと、パソコンを使ったりスマホを使ったりする事によって頭の位置が前になった姿勢のままで筋肉が固まってしまっています。

『頭の位置をまっすぐにすればいいの?』と思われますが、頭の位置をまっすぐにするだけではダメなのです。頭が前に出るのと一緒に肩も前に出てしまいそしてお尻が後ろに出てしまいます。

この状態の姿勢で固まり、反り腰の状態になってしまいストレートネックのまま、姿勢が固まっています。

頭の位置をだけを気にするのではなく肩の位置も気にして肩の位置だけ気にするのではなく骨盤の位置も気にしていただいて肩の位置を気にしていただいて頭の位置を気にしていただく。

骨盤→肩→頭の順番で改善して行きます。

肩の位置、骨盤の位置改善していく

ストレートネックを改善するには首の前を伸ばしていただきます。

ストレートネック(スマホ首)のストレッチ方法!

⒈手を後ろに組んでください。手のひらを床に向けるように回す(手のひらを背中を向けながら床に向けるようにする)

※手のひらを外側に向けると肩が内側に入ってしまうので注意

⒉手を後ろの組んだままで、骨盤の位置を改善します。お尻を閉めるように骨盤の位置まっすぐにするようにする。

※お尻を閉めないと頭が前に出てしますので注意

⒊この状態のままで床に向けた手をゆっくり手を後ろに引き出す→胸の筋肉が伸びて肩甲骨がよります。

⒋この状態のままで首の前の筋肉を伸ばします。

a)頭を後ろに倒す。→顎を上にあげる。→首の前を伸ばす。10秒間伸ばす。

b)手の位置や骨盤の位置はそのままで首を左側に倒す→10秒間

左側に倒した状態のままでさらに顎をあげる→10秒間

※右側の首の前の筋肉を伸ばす。顎をあげる事によってさらに首の前が伸びます。

ゆっくり真ん中に戻し、肩の位置や骨盤の位置を正し、首を右側に倒します。a)、b)を繰り返してください。

パソコンをしたり、スマホをしたりで筋肉はかたまりやすくなりますが、固まったままにすると痛みなどが出てきます。

1回1分!1日3回試して見てください。